悪女シリーズ

悪女シリーズ

悪女:1

悪女 ①では、女性がニーハイブーツを履くシーンから見ることが出来ます。今回犠牲になるのはコオロギやザリガニです。

 

ブーツは女性が昆虫やザリガニを踏む時に一番安全です。

 

作品によっては、ザリガニが最後の力を振り絞って、サンダル+ストッキングの足に絡み付いて女の子が驚いたものもありました。

 

ブーツは底がスベスベではなく、雪道でも滑らないようなグリップ性が高そうなものでした。最後の方ではヒップクラッシュシーンもありました。


悪女:2(長身女性の二人組)

ベージュ系ストッキングと黒いサンダルの女性が2名登場します。165センチと172センチと長身です。一人はサンダルは紐でくるぶしに巻くタイプです。

 

インセクトクラッシュ作品には珍しく蟹(かに)が登場。

 

小さな鋏で必死に抵抗しますが、女性たちの破壊力のあるヒールの前では風前の灯です。

 

防弾ガラス程の厚みのガラスにサンドイッチにされただでさえ身動きが取れない状態の蟹さんたち。女性は気にも留めずにガラスに上るのでした。

 

タイトル通り悪女という言葉がピッタリの二人です。


悪女:3(美女たちのコンビネーション)

2名のモデルが赤と黒のサンダル、黒のブーツ、スニーカーで虫たちを踏みつぶしていきます。

 

床は女の子たちが滑らないようにソフトタイプのものが使用されていますが、ヒール部分が食い込み丸いスポットが残ります。

 

悪女:3では、2人という事でひとりが割り箸で昆虫を摘み、もうひとりがヒールでクラッシュさせるという共同作業のシーンも見ることが出来ます。

 


悪女:4 ヒール地獄

最初は野外でのインセクトクラッシュです。アスファルトの上にいるメスのカブトムシ女性にミュールで踏まれてしまうのですが、いかにも偶然踏んでしまったようなシチュエーションでした。

 

続いて屋内です。悪女:4 ヒール地獄のパッケージをご覧いただけるとわかるように、13センチメタルヒールが頑丈そうな昆虫やザリガニたちの装甲をものともせずに貫いていきます。

 

圧巻はメタルヒールに体を貫かれながらも必死に抵抗する昆虫が映っているシーンです。


悪女:5 靴底の一部になったカブトムシ

パッケージの画像にもあるように、エナメルロングブーツのソール部分に太い輪ゴムで括り付けられたカブトムシのシーンに衝撃を受けました。

 

女性は「靴底の一部になってしまいました」という言葉を残した後立ち上がり、カブトムシを靴底に着けたまま歩き出します。結果は・・・。

 

悪女:5の女性は美脚の持ち主で踏癖 1にも登場するしています。